顔の角質除去【ケア方法はピーリング、洗顔どっちが良い?】

顔の角質汚れを取り除くときに注意すること

モッチリ弾力泡で古い角質を取り除く

角質は肌にとって大切なバリヤや保湿の役割を果たします。

そして古くなった角質は剥がれ落ちていきます。

この古くなった角質が、剥がれ落ちずに毛穴にたまると、皮脂と混ざり合い黒ずみや角栓の原因となります。

だから、古くなった角質だけを取り除くことが大切。

新しい角質は取り除いたり、傷つけたりしてはいけません。


ピーリングでは使い方を間違えると新しい角質もはがしてしまうので、人によっては悪影響を及ぼすことも。 たとえば、赤く腫れたり、乾燥肌になることもあるのです。


では、古くなった角質だけを取り除くにはどうすれば良いのでしょうか?

自宅で簡単に行うなら、吸着力のある優しい泡で洗顔するのがおすすめ。


「つかってみんしゃい よか石けん」は火山灰シラスという吸着力が高い微粒子が成分の洗顔石鹸です。

毛穴よりも小さい微粒子が、毛穴の奥まで入り込み汚れを吸着します。

粒子が小さいので、できる泡がとてもなめらかになります。

この優しい泡であらうことにより、新しい角質を傷つけずに、古くなった角質汚れだけを取り除きます。